原爆の医学的影響:西森一正
ホーム原爆の医学的影響:西森一正>血染の白衣


西森一正氏 (元名誉教授) の血染の白衣  <2000年12月10日逝去、享年80歳>



当時、医大の学生だった西森一正氏は長崎医科大学附属医院の皮膚泌尿器科外来で患者の診察中に被爆。これは被爆した時に着ていた白衣である。体に受けた約30ケ所のガラス片による出血で血に染まっている。

被爆地点

西森一正氏は当時の長崎医科大学附属医院・皮膚泌尿器科の外来診察室で被爆した。爆心地より地上距難691m、鉄筋コンクリート4階建の3階、爆心とは反対倒の診察室であった。


ENGLISH
  長崎原子爆弾の医学的影響  
  原子爆弾救護報告書:永井隆  
  原爆の医学的影響:西森一正  
  私の原爆体験と原爆障害の大要:調 来助  
  調博士の調査資料  
  マンハッタン最終報告書  
  保存資料  
  医師らの被爆体験  
  原爆医学資料展示室  
  子どもたちの原爆Q&A  
  原爆被爆者データベース  
  原爆復興70周年記念:原爆被災写真・資料展  
  原研創設50周年記念企画展:原爆投下直後の調査と研究  
  永井隆博士没後60年企画展  
  データベース構築30周年記念講演会  
  被爆60周年記念 医師らの被爆体験講演会  
 
  資料収集保存・解析部について
はじめに
沿革
資料調査室
生体材料保存室
研究概要報告・出版
 
(C) Copyright 国立大学法人長崎大学